スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リストタグを簡単に入力する方法

2008年11月09日
HTMLで、箇条書きなどに使用するリストタグ。

<ul>~</ul>の中に、表示するリストを<li>~</li>で囲んで記述します。
(</li>は、省略可)
<ul>は、マーク付きリストですが、<ol>と、表記することで、番号付きリストの作成が可能です。

例えば、
<ul>
<li>順光寺ホームページ</li>
<li>順光寺日記</li>
<li>順光寺写真ブログ</li>
</ul>

と入力すると、ブラウザ上では、次のように表記されます。
  • 順光寺ホームページ
  • 順光寺日記
  • 順光寺写真ブログ

このリストタグですが、箇条書きの項目が増えると、タグ入力がとても面倒くさい。(笑)

そこで、今回は、私が普段使っている、簡単なタグの入力方法をご紹介します。
HTML入力の効率化にお役立てください。


[スポンサード リンク]


方法はとっても簡単。
(WindowsでIMEを使った場合)

まず、IME言語バーの「単語/用例登録」を選択。

 IME言語バーの「単語/用例登録」を選択。


次に、読みの欄に「りすと」、語句の欄に「<ul><li>」と入力し、「登録」を押します。

 単語登録

これで、「りすと」と日本語入力すると、「<ul><li>」と変換できるようになります。

この方法で、「りすと」という読みに、

  • <ul><li>
  • </li><li>
  • </li></ul>

の3つの語句を登録しておけば、日本語入力の状態で、驚くほど早くタグ入力ができます。


要は、単語登録機能を使って、HTMLタグを単語として登録し、日本語入力で簡単に入力しようというもの。

これを踏まえて、リストタグ以外のタグにも応用できます。

私が登録しているのは、

  • たーげっと → target="_blank" (別ウィンドウで開く)
  • りんく → <a href=""></a> (リンクタグ)
  • みだし → <h3></h3>、<h4></h4> (見出しタグ)

といったものです。

1文字でも間違えると思ったとおりに表示されなかったり、そのつど半角英数にしなければならなかったり…
HTMLタグの入力は、結構煩わしかったりするもの。

少しでも効率的に入力できるよう、今回ご紹介した方法をぜひお試しください。

【関連記事】
コメント

管理者だけに表示する

このサイトについて

検索ボックス

プロフィール

順光寺公式サイト

最近の記事

Twitter

ソーシャルサービス

私が運営のお手伝いをしているサイト(開設順)

カテゴリー

カレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。